一般的な色温度の測り方【被写体に適したフィルターを選択】

光の色を表す単位

色見本

定量的な数値で表現できる

色温度は物体に熱を与えると光を発する様になり、それをケルビンという記号がKという単位で表現して定量化させることが可能です。一般の生活の中でも色温度は暮らす中でも取り入れられている要素で、ケルビンが低ければ暖色系の色を示し、ケルビンが高ければ寒色系の色を示すのが特徴的となります。例えば鉄などの自然界の物質をバーナーなどで熱すると最初は温度が低い状態ではオレンジ色、それが徐々に熱する勢いを強めていくと黄色くなっていき、さらに進めると白くなっていきます。その後、さらに熱すると白色に徐々に青みがかかっていき、最終的には青色に近い状態の色になります。オレンジ色の状態は1,800K前後で黄色は4,000K前後となり、白色は5,500K、8,000Kを超えると水色、16,000K前後は青色と変化します。なお一般的なものとしては景色などでよく見られる朝日や夕日などの光景では2,000K付近にあるとされ、ろうそくの光も同じ2,000Kです。廊下や部屋などで活用される白熱電球となると少し高くなり3,000Kで、日が昇り切った正午付近の太陽光線の光は6,000Kに相当します。もっとも市販されている昼光色の蛍光ランプの場合、約6,500Kとなり、部屋全体を明るく醸し出す色合いになります。色温度の特徴としては光源の温度を表現しているものではなく、その明るさ自体を定量化しているものではない点に注意を要します。実際の作業などをする上で暮らしやすさについては、白系の色温度の5,000〜7,000K付近が明るさに優れ見やすいです。色温度は写真やモニター、テレビなどで必要とされる存在となります。

Copyright© 2018 一般的な色温度の測り方【被写体に適したフィルターを選択】 All Rights Reserved.