一般的な色温度の測り方【被写体に適したフィルターを選択】

インクが切れたらすぐ注文

インク

購入できる製品

会社で使っている複合機がリコー製ならば、内部に装着しているトナーもリコー製のものを購入するが一番です。それぞれの複合機で必要とするトナーは違いますが、ほぼすべてがリコーの公式サイトから注文できるので、インク切れを起こしたのなら見にいってみましょう。ただし、適切なトナーを購入しなければ、動作はしませんので、現在使っている複合機のことを知った上で注文しなければいけません。もしも、複合機のことがよく分からないというのなら、トナーを購入する前にリコーに問い合わせてみましょう。そちらで複合機の特徴を伝えれば、正しいトナーを教えてくれるので、間違わずに注文ができます。なお、リコーの複合機のランニングコストをできる限り抑えたいのならば、公式サイトで販売されているものではなく、リサイクルトナーというものを利用するのもよいでしょう。インクがなくなったトナーは回収されて、新たにインクが入れられることで販売される場合があります。それはリサイクルトナーと呼ばれていて、新品の製品よりもかなり安価で売られているので、コストを節約したい会社にはピッタリです。ちなみに、リコーが販売するのではなく、他社がリサイクルトナーを販売しているケースが多いです。そのようなお店はインターネットで探せるので、リコーに対応したものを販売しているところを検索してみましょう。即日配送に対応したお店もあるため、トナーが早急に必要になった場合でも便利に購入ができます。

Copyright© 2018 一般的な色温度の測り方【被写体に適したフィルターを選択】 All Rights Reserved.